お役立ち情報
コラム

【コラム】女性活躍であなたの会社は強くなる!

令和2年度「女性の活躍推進加速化事業」がスタートしました。
新型コロナウイルス感染症による影響で、会社にも働く皆さんにも、様々な変化が生じているかと思います。経済的なダメージは、リーマンショックを超えるのではないかとの予測も出ています。

令和2年(2020年)は、「指導的地位に占める女性の割合を30%にする」政府の目標の達成年でした。しかし、7月15日、政府は『目標を断念し、「できるだけ早期に(達成する)」との表記に変更する』と、事実上の先送りの方針が表明されたところです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/27f0d550bcadf49a5f5f66ecf3642009e2a41e88

一方で、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統、ドイツのメルケル首相、ニュージーランドのアーダーン首相など、新型コロナ対策に見る各国の女性リーダーの手腕、実行力に、感心された方も多いのではないでしょうか。
https://www.cnn.co.jp/world/35152496.html

新型コロナウイルスの感染がまだ確認されていない昨年12月、経済産業省から出された報告書「ダイバーシティ2.0 一歩先の競争戦略へ」をご紹介します。
女性取締役のいる企業は、金融危機等の厳しい環境変化に対して強く、回復も早いという統計結果が報告されています。

https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/diversity/diversitykyousousenryaku.pdf

また、内閣府男女共同参画局の女性役員情報サイトで紹介されているパンフレット「女性活躍で企業は強くなる」に紹介されている理由の中には、女性が活躍することによって作られる多様性のある組織は、「リスクへの対応力向上」「イノベーションの創出」等、企業を強くするということも紹介されています。

http://www.gender.go.jp/policy/mieruka/company/yakuin.html

在宅勤務・テレワークの普及、移動制限・オリンピック延期による観光産業等への影響、輸入・輸出制限による製造業への影響、物流の変化…。
いまだコロナ禍で先が見えない、変化の激しい状況の中、今、企業に必要なのは「柔軟な対応力・多様な視点」による「しなやかな強さ」ではないでしょうか。

あなたの企業を強くするために。
一つの選択肢として、女性活躍推進への取組を検討されてはいかがでしょう。

PAGE TOP