男性従業員様向けご案内

本事業では、都内に事業所のある従業員数300人以下の企業を対象に、女性活躍推進の取組支援を目的とする女性活躍推進法の行動計画の策定と、その計画実行をサポートしています。

女性が働きやすい会社=誰もが働きやすい会社へ

女性が働きやすい環境を整えることは、誰もが働きやすい環境にもつながります。働きやすい企業では従業員が定着し、多様な人材・優秀な人材を確保できる可能性が高まります。また、多様な人材が集まることで、新たな商品やサービスの開発、企業の成長にもつながります。ぜひ男性従業員のみなさんにも、本事業を通じて女性活躍について考える機会を得ていただければ幸いです。

「女性活躍推進」は女性のための法律?

「女性活躍推進法」は、女性のための法律ではなく、社会全体の課題を解決するための法律です。少子高齢化・人口減少により、今後大幅な労働人口の減少が見込まれます。現状日本は諸外国と比べ女性の労働力率が低いこともあり、まずは女性活躍の環境を整え、働き手を確保することが求められています。

男性従業員のみなさんにおすすめの研修をご紹介

まずは女性活躍について知りたい方

1スタートアップ研修会

女性の活躍推進が必要な社会背景や取組の効果、具体的な取組を学べる研修会と、女性の活躍推進において豊富な経験と実績を持つ著名人講師の講演会により、女性活躍推進がなぜ今必要なのか、気づきと理解を得られる研修です。

6働く女性のキャリア形成に
向けた講演会

講演会を通じて「キャリアアップへのモチベーション向上」や、「自分らしいリーダー像」「自分らしいマネジメント」について考えるきっかけを創出します。社内の女性活躍を進める支援体制づくりのヒントを得られる機会にもなり、男性管理職にもおすすめの講演会です。

※「⑥働く女性のキャリア形成に向けた講演会」の対象者:
女性管理職候補者、女性管理職、男性管理職等 [都内企業にお勤めの方(従業員規模不問)]

女性管理職の方をサポートする立場の方におすすめの研修会

男性管理職・男性リーダーが、社内で女性の活躍を推進するため、女性管理職のアシストや女性部下の不安等を理解し、女性リーダーを育成するためのノウハウを学べる研修会と、男性・女性管理職がパネリストとして参加する交流会です。

受講者の声

「研修会に参加したことで、自分自身にも”女性従業員に負担はかけられない”などの無意識の思い込みがあることに気づかされました。研修で教わったコミュニケーション方法を実践し、男女関係なく部下ひとりひとりと向き合っていきたいと思います。」

「内容が充実しており、飽きることなく最後まで参加することができた。他社との意見交換や、交流会での生の声は非常に参考となり、当社にも取り入れたい事例がいくつもあった。今後もこうした研修を積極的に行って欲しいと思います。」

男性従業員からのよくあるご質問

Q. 女性活躍に取組むメリットは何ですか?

A. H29年度「東京都男女雇用平等参画状況調査」では、以下のような効果があったと報告されています。「従業員の就業継続率の向上」「男性が女性を対等な存在として認識」「女性従業員の意欲向上」「優秀な人材の採用」
企業においては、女性が働きやすい環境を整えることで、性別を問わず優秀な人材の確保と定着。さらに企業の成長につながることが期待されています。そのため、多くの企業が女性活躍や働き方改革に取組んでおり、求職者からも労働環境の整った職場が選ばれています。詳しくは「経営者様向けご案内」ページの「企業が女性活躍に取組むメリットとは?」も合わせてご覧ください。

Q. 「女性活躍推進」の取組は、女性従業員に任せた方が良いでしょうか?

A. 女性従業員に限らず、経営者や管理部門の方をはじめ、会社全体で取組むことが重要です。残業時間の削減や人事評価制度の整備など、誰もが働きやすい環境になるように、男性従業員や経営層、人事以外の部門も含め、会社全体で進めて行く必要があります。

Q. 女性活躍に取組んでいますが、なかなか全社的な取組になりません…

A. ぜひ他の企業の事例も参考になさってみてください。本事業HPには「先進企業取組事例」を掲載しております。なお、経営者の方に研修会にご参加いただいたことで、女性活躍に取組むメリットなどを理解し、会社全体での取組が進めやすくなったとの例もございます。

Q. 女性従業員を増やしたいのですが、女性からの求人応募がありません…

A. 業種や職種によっては、男性中心のイメージが強く、求職者が女性の働く姿や、活躍できるイメージを持てない場合があります。女性が活躍していることや、利用できる制度、女性活躍に取組む姿勢を、貴社のHPなどでアピールしてみてはいかがでしょうか。

Q. 女性管理職を増やしたいのですが、女性従業員が管理職になりたがりません…

A. 女性従業員から「管理職になりたくない」理由としてよく聞かれる例は以下となります。

  • 社内に管理職の女性がおらず、女性が管理職になるイメージが持てない
  • 自分のキャリアや能力に不安を感じている
  • 長時間労働の常態化、転勤が断れないなど管理職になりにくい環境がある
  • 女性管理職をサポートする体制が出来ていない

その他にも「女性は管理職になりたがらない」「難しい仕事は男性に」といった組織風土がある場合、女性従業員が成長する機会が少なく、管理職を目指しづらいといった場合もあります。まずは、自社のサポート体制や、会社の風土など、見直すことからはじめてみてはいかがでしょうか?

本事業の「⑤男性管理職向け研修」では、女性管理職をサポートする立場の男性を対象とした研修会を実施いたします。研修会では働きやすい職場環づくりや、部下を育成するための心得やスキルを学ぶことが可能です。また交流会では、他社の取組状況を聞くことが出来る機会もご用意しております。ぜひ一度ご参加してみてください。

また、女性従業員向けに、スキルアップやキャリアアップのための研修プログラムを多数用意しています。対象者の方の目的に応じてお選びください。

女性従業員向けのページへ

対象者別のおすすめ情報

PAGE TOP