えるぼし認定・くるみん認定

「えるぼし」「くるみん」とは?

「えるぼし」「くるみん」ともに、都道府県労働局への申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができる制度です。どちらも女性活躍に取組む企業を認定するものとなりますが、根拠となる法律や目的が異なっています。

えるぼし認定 くるみん認定
マーク マーク  
認定制度について 「女性活躍推進法」に基づき、女性の活躍推進に関する状況や取組などが優良な企業を認定する制度。認定のレベルは1つ星~3つ星の3段階あり、星の数が増えるほど、女性活躍が進んでいることを表す。特に女性活躍において優れた結果を納めている企業は、「プラチナえるぼし認定」を受けることが出来る。 認定制度について 「次世代育成支援対策推進法」に基づき、一定の基準を満たした企業を認定する制度。女性の仕事と子育ての両立を支援・サポートをしている企業に対して、厚生労働省が認定し取得できるもの。さらに両立支援の取組が進んでいる企業が一定の基準を満たすと特例認定(プラチナくるみん認定)を受けることが出来る。
根拠となる法律 女性活躍推進法 根拠となる法律 次世代育成支援対策推進法
法律の目的 働きたいと考えるすべての女性が、個性や能力を存分に発揮できる社会の実現を目的としている。 法律の目的 少子化による経済への深刻な影響が懸念される社会状況を背景として制定された法律で、働き方の見直しによるワーク・ライフ・バランスの実現に取組み、少子化の流れを食い止めることを目的としている。
企業の
取組義務
常時雇用する労働者が301人以上の事業主は、女性活躍推進法に基づく「一般事業主行動計画」を策定・届出、公表するよう義務付けられている。令和4年(2022年)4月1日からは労働者101人以上の企業まで義務の対象が拡大。(100名以下の企業については努力義務) 企業の
取組義務
常時雇用する労働者が101名以上の事業主は、次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」を策定・届出が義務付けられている。(100名以下の企業については努力義務)
くるみん認定
マーク  
認定制度について 「次世代育成支援対策推進法」に基づき、一定の基準を満たした企業を認定する制度。女性の仕事と子育ての両立を支援・サポートをしている企業に対して、厚生労働省が認定し取得できるもの。さらに両立支援の取組が進んでいる企業が一定の基準を満たすと特例認定(プラチナくるみん認定)を受けることが出来る。
根拠となる法律 次世代育成支援対策推進法
法律の目的 少子化による経済への深刻な影響が懸念される社会状況を背景として制定された法律で、働き方の見直しによるワーク・ライフ・バランスの実現に取組み、少子化の流れを食い止めることを目的としている。
企業の
取組義務
常時雇用する労働者が101名以上の事業主は、次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」を策定・届出が義務付けられている。(100名以下の企業については努力義務)

認定を受けるメリット

  • 自社の製品や広告、採用活動において認定マークを使用することが可能
  • 認定を受けた企業名は厚生労働省のホームページに掲載される企業ブランドの向上、イメージの向上→優秀な人材の確保
  • 公共調達や低利融資の優遇措置を受けられる

本事業の7つのプログラムの「③フォローアップコンサルティング」では「えるぼし認定」取得に向けた支援も行っています 。ぜひご活用ください。

※本事業は女性活躍推進法に基づく、取組をサポートする事業のため、くるみん取得の支援は行っておりません。ご了承ください。

「えるぼし」「くるみん」の認定を受けることで、企業ブランド・企業イメージが向上し、優秀な人材や多様性のある人材の確保が期待できます。
多様性のある人材が集まることで、イノベーションの創出、さらには事業の発展につながります。
ぜひ認定取得を目指しましょう!

PAGE TOP